特定非営利活動法人 しがNPOセンター

 

   組織運営パワーアップ講座          現在の活動はしがNPOセンターのブログへ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2011年度の組織パワーアップ講座の報告


第1回 組織パワーアップ講座

「組織運営のワンポイント:簡単な労務管理のポイント」

2011年11月15日(火)

草津市立まちづくりセンター
講師 山田 真由子さん(社会保険労務士) 


<講話の要点>
・NPO労務の基本とし、だれが事業主で誰が雇用者 (労働者) だということをはっきり位置づけることが必要。また法律上はN POだから許されることはないので、コンプライアンスを遵守す る姿勢が大事。 
・基本は労働基準法、これは労働監督署が過重労働や賃金な どチェックしている。特に労働災害のトラブルが多い。雇用10名 以上の事業所は就業規則や協約が必要。NPO法人も雇用契 約書は交わしてお くことが重要。また更新時期も明記しておく ことが必要。
・時間外労働の考え方は難しい。(図により説明)
・有償ボランティア、非常勤・常勤など、NPOにはいろいろな働 き方があるので、内規をつくることをお奨めする。


<参加者の声>
・労務管理を分類されたことで、ポイントがつかみ易く なった。
・NPOの組織が大きくなると、事業に携わる報酬の 格差ができ る。その転換期にきているので一定の 整理ができた。


<成果、課題、次回に向けて>
・NPOの働き方が整理されていず、法律だけでなく内規の必要 性がクローズアップされた。
・雇用をテーマにしてこれだけ多く集まるとは予想外だった。今 後、続けていく必要性がある。


第2回 組織パワーアップ講座

「組織運営のワンポイント:
     みんなで使おう NPO法人会計基準 」

2011年11月29日(火) 近江八幡市人権センター
講師 飯野 修さん   (公認会計士、税理士)

<講話の要点>
・NPOの新会計基準ができた。法律上は猶予時期が設定されているが、できるだけ複式簿記での日常の経理に慣れてほしい。より 企業に近づくことになる。最近はソフトがやってくれるが使う方も基本をわかってほしい。
・新会計基準の説明(資料) →活動計算書について、認定NPO法人について
・法律も大事だが、組織として経理規定や引き継ぎノートの作成、また理事会への説明などで、ひとりだけが分かっているという状態 は避けたい。NPOは活動をどんどん先に進めたがり経理はあとからついてくると思いがちだが、事業展開に合わせて処理しないと つじつまが合わなくなり経営に響く。
・後半は複式簿記による記入例の実習、決算書までの流れの確認作業を行った。
<参加者の声>
・資料をたくさんいただいた。きちんと読み返したい。本の紹介もしていただいた。
・基礎を知らずにソフト任せにしてきた。お話でソフトの意味がわかった。新しい公共事業の税理士派遣を頼んでいるので、それまで に質問などをまとめておきたい。
・帳簿の付け方が今日の話とは違っているので、税理士派遣をお願いして確かめたい。
・普段、振替伝票までの作業しかしたことがなく、これが決算につながっていく流れが見えた。
<成果、課題、次回に向けて>
・新会計基準という言葉がまだ浸透していず関心薄かった。内容量に対して、時間が足りなかった。
・簿記ができるスタッフにがまかせっきりにしている法人も多く、NPOの役員対象の学習も必要。

第3回 組織パワーアップ講座

「NPO制度の改正による、NPOへの追い風の活用」      2012年1月17日(火) 近江八幡市人権センター
講師       阿部 圭宏(しがNPOセンター)

 

<講話の要点>
・2011年にNPO法が大幅に改正された。それには東日本大震災以降のNPO活動が認められたことも背景にある。
・公益法人も2008年に制度改革が行われた。これでNPO法人との差が縮まった。
・NPO法人→認定NPO法人 一般社団法人→公益社団法人 となることができる。税が優遇されより信頼度がアップし、寄付が集められやすくなる。
・認定NPO法人の「認定」とは? 今までは国税庁が認めて県が認定したNPO法人のこと。これからはNPO法上の位置づけで県の管轄になる。
・認定は県の裁量ではなくPST(パブリック・サポート・テスト)など認定の基準がある。
・認定を受けると信頼度は高まる。ただし、事業が公益である必要がある。会員のための共益事業は50%以上あってはいけない。NPO法人には共益的な活動を行っているところも多いので注意してほしい。

<参加者の声>
・自分たちの団体を頭において考えるとNPO法人でよかったのか、これから先を見据えてどのような団体の姿がいいのか考えるきっかけをもらった。
・NPO制度が改正されたことは知っていたがその背景の説明が加えられ理解が深まった。
・NPO制度の改正内容を知ることができた。受講していなかったら改正内容を知ることもなく対応ができなかったか、遅れたと思う。

<成果、課題、次回に向けて>
・NPO法のできた過程を振り返り、改正後のことについてい ち早く学んだ。
・認定NPO法人の認定のしく みや他の法人格の特徴についても比較できた。

第4回 組織パワーアップ講座

「設立と解散を通して考えるNPOの継続的活動」

2012年1月17日(火) 
近江八幡市人権センター
講師       阿部 圭宏(しがNPOセンター)

<講話の要点>
・NPO法改正によって認定NPO法人の制度が国税庁から県のNPO部局に移った。同時に、新しい寄付税制、寄付金控除制度が実施された。行政に資金が不足しているため、市民団体による公益活動が活発に行われるような税の仕組みが必要とされたため。市民からのお金を集めるNPO法人などの市民活動団体に行政から期待される時代となった。
・NPOの方もこれを機に運営の方向性を見極めないといけなくなる。メンバーが固定化して年々高齢化するだけならいっそ解散という考え方もある。法人なのだから解散するにも手続きが必要。官報に公告を出すのは3回から1回に減った。法改正により解散しやすくなった。
・事業報告や役員登記のできてないNPO法人も増えている。
・今後の法人設立にあたっては、なぜNPO法人にするのかを問い直す必要がある

<参加者の声>
・認定NPO法人を取りたいと思っていたが、その考えが更に強くなったと同時に活動のミッション、公益性についても考えていかなければ、と思った。
・仲間を増やしたい。課題解決に向けて賛同者を得て会員として確保することにがんばってきたが、寄付者へのアピールを真剣に考えたい。
・認定NPO法人をぜひとも目指したいと思った。罰則規定はどの業種にもあるもの。当然の法令順守としてNPO運営をしなければならないと考えている。

<成果、課題、次回に向けて>
・滋賀県でも早く認定されるNPO法人が誕生してほしいと改めて思った。
・今回の講座はNPOの組織を見直す意欲を高める効果があった。



第5回 組織パワーアップ講座

ワークショップ「理事会・事務局のための協議のワークショップ入門」

2012年2月7日(火)  男女共同参画センター     講師   西川実佐子(しがNPOセンター)

 

<講話の要点>
・なぜ会議がうまく進まないのか、根本的な理由として権利は衝突するから。 → 双方が納得するためには共通のルールが必要。 
・ワークショップ:理解を深化させ人々の多様な関係をつくるプロセス。うまく使って欲しい。
・ファシリテーションは集団運営スキルで、集団の中に「聴き合う関係」をつくること。

<ワークショップ> 「ホワイトボードミーティング」 
・ミーティングは「発散」→「収束」→「活用」で意見をまとめていく。
・書くことで「可視化」「情報の共有」していくことで組織の会議を生産性の高いものにしていく

<参加者の声>
・具体的な対応や便利グッズなどもあってほんとうに役に立った。会議での意見共有は、長いことやっていながら一番遅れていた、不十分だった点がよくわかりました。
・ワークショップに参加したのは初めてだった。活発に意見が出たので驚いた。会議の形式や進行役、参加者の努力、ルール作りでより意見を引き出せることを実感した。
・自分も参加しているという体験ができとても充実して楽しくわかりやすい内容だった。来てよかった。
・自分たちの理事会の改善すべき点が明確にわかってすぐに直せるところを直してよりよい会議の運営ができるようにしたい。
<成果、課題、次回に向けて>
・単に話を聞いているだけなら3時間は長いはずだが、自分が夢中になって話す、聞く、まとめるという作業をしていたら短いものだと実感した。
・一般論と参加者各自の問題点が入れ子のようになった構成のワークショップだが、必要性は高い。




第6回 組織パワーアップ講座

「スケジュール管理と部内情報共有の技術」

2012年2月17日(金) 草津市立まちづくりセンター  講師 仲野 優子(しがNPOセンター) 

 
<講話の要点>
・外部への情報発信も大切だが、内部の情報共有もとても大切なもの。
・メンバー同士での情報共有のひとつの方向として「見える化」を意識することが必要。
・ひとつの組織内でも、理事・事業部・事務局・ボランティアなど、立場の違う「輪」がある。その輪の中での情報共有はどうしているのか? 案外うまく回っていないことがわかる。
・団体の情報共有の方法は? FAX一斉送信、メールの一斉送信、メーリングリスト、事務所でのホワイトボードなど。いろんなアイテムを有効に活かす。
・ホワイトボードの活用。イベントなどのスケジュールだけでなく準備作業なども入れておく。デジタルツールとしてはウエブメールやカレンダーなどの無料グループウエアを利用すると簡単。今は、デジタルツールも使いやすくなっている。

<参加者の声> 
・既知のことでもこのように系統的に教えていただくと何か新鮮に感じました。
・情報の収集、発信について整理された。「見える化」の視点はなるほどと思った。
・情報共有を進めたいがスタッフ内で世代差がありITでの共有は難しかった。ホワイトボードを使った方法はすぐにでも使えそうで参考になった。

<成果、課題、次回に向けて>
・情報共有ツールは年代によって差が激しいの でなかなか全員が満足いくツール情報は難し い。しかしアナログでの情報共有の手法にはす ぐに使えるので喜ばれたようだ。




第7回 組織パワーアップ講座

ワークショップ「組織のメンテナンス・日常の合意形成手法 企画力で事業力アップ」  

2012年3月2日(金)     大津市市民活動センター   講師 仲野優子(しがNPOセンター)

 

<講話の要点>
・昔は補助金や助成金など、役所から「いただく」という感覚だったが、最近は審査会などで判断されることが多くなった。審査員は市民の代表。企画を作るときは、補助金・助成金などのお金を使うことで、それが市民のためになるという視点が重要。
・補助金、助成金には、それぞれに出す目的がある。その目的をしっかりと捉えなくては思いは届かない。それによって、考え方、書き方が違ってくる。
・「活動」と「事業」には違いがある。活動は団体全体のものであり、活動をアピールするだけでは事業にはならない。事業では手法や内容などの具体性が問われる。事業のストーリーが大事。
・企画書は伝えるツール。自分でわかっているだけではなく、市民を意識した表現方法を。

<ワーク> 「企画キューブ」の作成(プレ企画)
・企画を考えていく道筋に沿って、それぞれの企画のポイント項目を書き出していく。書き出していく中で、企画のイメージを具体化する。できるだけ複数で企画を練ることが重要。
・キューブは12面を埋める。思考に沿った順序が大切。
①団体としてやりたいこと→本年度やりたい事業 ②追い風は→周囲の環境がプラスに働くこと ③向かい風→周囲の環境がマイナスに働くこと ④関われる人 ⑤やりたい人の特技 ⑥やることや回数 ⑦スケジュール ⑧資源を提供してくれる人・団体 ⑨事業のコンセプト ⑩対象者が助かること、豊かになること ⑪他事例は ⑫事業名、サブタイトル、キャッチコピー

<参加者の声>
・企画は難しくなかなか手が出なかったが、大変よくわかり、企画に向かうやる気がでてきた。
・今まで普段のイベントチラシ等は企画書なしで作っていた。作る段階になって考えており、時間がかかったし、抜け落ちる点があったりした。
・スタッフ内で各々企画を立ててみたり、具体的ラインに沿って相談したりすることで活性化できればと思う。
・7回の講座の中で、視点がガラリと変わり、考え方が変わっていくように感じた。

<成果、課題、次回に向けて>
・アンケートの回答で、7回の講座を受講する中で 少しずつ変わってきたことを実感している参加者がいた。組織づくりは地道だが、講座の中で目指していたことが実現していると確認できた。
・続けて参加することに効果があることは実証できたが、実際には難しい。そのプランを今後どう作っていくか。開催地や日時の工夫も必要だと感じた。