特定非営利活動法人 しがNPOセンター

    被災地地支援の活動               現在の活動はしがNPOセンターのメインサイトへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カムバックサーモンプロジェクト  [ 滋賀発!東日本大震災・被災地支援 ]

このボランティアバスは、近畿ろうきんと三菱商事の助成金、およびみなさまの寄付金で運行してきました。


1期の画像 カムバックサーモンプロジェクト第1期  年8月5日(金)~ 8月9日(火) 

8月6日(土) 8:30 8月6日(土)  12:00 8月6日(土)  13:00

8月7日(日)  8:30

前沢SAで朝食・着替え休憩をとって、6時15分に再出発、東和で高速を降りただいま仙人峠道路を降りて釜石方面へ向かっています。快晴です。

大槌町に着いて早速川の清掃をしました。写真は午前中の成果です。川にはいってどぼどぼになった人もいます。とっても暑いです。

 

お昼休みもそろそろおしまいの時間ですが雨が降り出しました。
雷が鳴っている間は待機です。この後、大雨警報がでて活動は中止になったので、バスで宮古の田尾地区の堤防を見に行きました。

2日目です。朝ご飯前にちょっと観光。遠野にある常堅寺の「かっぱ狛犬」といいます。寺の裏のカッパ淵のカッパが常堅寺の火事を消して狛犬になったという伝説があるそうです。頭に水がたまる珍しい狛犬です。
8月7日(日) 14:00 8月7日(日)  12:00

8月7日(日) 15:00

8月8日(月) 14:00
    
2日目の作業風景です。川に入っている人もいます。青いゼッケンはびわこの形が白抜きになっています。このプロジェクトのために揃えました。 お昼ごはんです。話がはずみ、ほっとするひとときです。お互いの交流もすすみます。

2日目の午後の作業でのごみです。暑い中お疲れ様です。朝出会った、ボランティアネーバーズの担当の方が、「まだまだ川掃除が必要です」とおっしゃっていました。ちゃんと鮭が戻るといいですね

最終日の作業は、墓地周辺の清掃でした。なので写真は撮影できません。画像は、ボランティアセンターへいく途中にある「大槌町の仮の役場」です。冬はとてもつらそうな気がします。

 2期の画像 カムバックサーモンプロジェクト第2期  8月25日(金)~ 8月30日(火)

             

8月26日(金)

6:00 大津駅出発
7:00 彦根駅出発しました。
21:00
南条インターチェンジで夕食。


 

8月27日(土) 11:30

大槌川の川掃除奮闘中です。 川からいろんなモノが出てきます。 自然にかえるモノはそのまま、金属などは拾う。 藻などは洗い落とす。 ヘドロはすくう。 鮭の遡上はもうすぐです。がんばらなくては・・・・

8月27日(土) 13:00

大槌中学校で昼食です。玄関前はとても涼しいです。きれいなようですが、天上には地震の爪痕が残されています。

8月27日(土) 15:00

一日目の作業が終了しました。かなり大きなものが、まだまだ川底に残っています。
片付けを終えてから、バスで宿へ移動します。

 

8月27日(土) 22:00

食後、談話室に集まり、カムサモPの鮭の遡上についての話を聞きました。 参加者のお一人が持ってきてくださった自家製スイカの差し入れを食べながら。その後1日目の感想を交流しました。現場に立ち、ヘドロの中でがれきを拾っったこと、長野県のボランティアの皆さんと協力してやったことなど感じた様々な思いが交わされました。

8月28日(日) 7:00

夕べの星空もきれいでしたが朝の景色もきれいです。
朝食もおいしくいただいたら、皆さん朝の散歩やサイクリングへ出掛けられました。 河童淵の、河童と会えるかな。

 

8月28日(日) 15:00

お天気も最高~!
大槌町の方で菜の花プロジェクトに関わっている男性が震災の日のことを話してくださいました。清掃してくださりありがとうございます、と言ってくださった言葉が胸に染みました。

8月28日(日) 16:00

ユースホステルまでの帰り道地元スーパー「マイヤ」に寄りました。 釜石の町には鮭をあしらった街灯があり、鮭が地元にとって、大切な存在なのだと感じました。 そして、ここにも、のぼりには願いを込めたメッセージ。

8月29日(月) 13:00

他所からのボランティアさんが少ないからと、今日も引き続き川の清掃作業をすることになりました。今日の作業の様子です。ヘドロのほうは目処がついた、の声も。
診察券が出てきたそうです。 今までにレントゲン写真やパスポート、財布、漁協の方の証明書なども見つかりました。身元がわかるものやお金は、グッドネーバーズジャパンの方に渡し、まとめて町に届けます。

8月29日(月) 15:00

今回はこのバスに、地元テレビ局BBCから記者さんが一人同乗されていました。 ボランティアの様子と、選挙のことまで、頑張って取材されていました。(2期の様子は放映されました。後日談。)

 3期の画像 カムバックサーモンプロジェクト第3期 9月23日(金)~ 9月27日(火)  鮭が戻ってきました!!

 

9月23日(金)18:00

カムバックサーモン・プロジェクト、三期バスが大津駅前を出発し彦根駅前に向かいます。 台風一過、秋空は夕焼け。軽装の方もちらほらおられます。寒さ大丈夫かとちょっと心配です。

9月24日(金) 9:30

作業スタンバイOKです!!
今回、水温は前に比べると低くなっているはず。
くれぐれも無理のないように作業なさってくださいね!!

9月24日11:15

さけが遡上しています。わかりますか? つまりサーモンがカムバックしてるってことですね。

9月24日(土)11:30

源水川での作業が始まっています。大きなモノは以前に取り除かれていますが、ヘドロに埋もれているモノを掘り出しています。

 
さけが動かない…。寒いのかそれとも産卵を無事に終えて長い休息をとるのか……。ここまで何年も長旅を続けてきたんだもんね。 お疲れ様!

9月25日(日) 14:00

泥かき作業は、こんな感じです。水が冷たく4期以降は寒さ対策が必要です。 泥かきには「じょれん」鋤簾があると便利なので今度もっていきましょう。どうしても水の中に入る必要が出てくるので ゴム長をはいて作業をしています。


9月26日(月) 9:30

今日も晴れ。今日から大槌町復興支援ボランティアセンターは、 月曜日がお休みになります。 私たちは、グッドネーバーズさんの活動に参加するかたちになりまので、 活動場所は三日続けて源水川の掃除です。

9月26日(月)

これは、イトヨを戻すポスターです。

   

9月26日(月) 12:50

今日は、遡上している鮭の数が多く、作業しているそばにもいっぱいいます。

9月26日  15:20

バスに乗って、帰路につきました。東和温泉のお湯が楽しみです。夕日がきれいです。

9月27日 7:30

無事帰ってきました。
ありがとうございました。ボランティアバスはまだまだ続きます。

4期の画像 カムバックサーモンプロジェクト第4期 (10月14日~10月18日)                                      

10月14日(金)

雨の中、大津駅・彦根駅を出発しました。

 

10月15日(土)

小雨なので作業はあります。大槌中学校へ向けて、再びバスに乗り込みます。

 

10月15日(土) 10:00

産卵を済ませた鮭は力尽きてしまう、というのは聞いていましたが、この写真を見るとさびしくなりますね。 生まれ故郷に帰ってきただけで奇跡といえるくらいですが・・・   

10月15日(土) 10:45

今回の作業は、2期の皆さんが作業をした所と同じ、大槌川の支流、源水川が合流する地点、水門の近くの場所です。あまり気温が下がってなくて、動いていると暑いくらいです。

10月15日(土) 10:45

向こうに見える建物は大槌病院、そして左手に見えているコンクリートの柱は、バイパスの橋げたです。大槌病院は、ニュースなどでおなじみです。ニュースと言えば、今回はNHK釜石報道室の取材があるそうです。向こうの番組なので、こちらでの放映はないかも。

10月15日(土) 10:45

手にしているのは、今回新しく購入して送っておいた、鋤簾(じょれん)です。 お役に立っているようです!!
この鋤簾、柄の長さがとても長いのです。やっと探して送ったものです。

10月15日(土) 10:45

今週末は、よそからのボランティア団体も来て作業されているようです。 すごい人数です。後で聞くと、北海道から170人だそうです。
そろそろ、お昼休みの時間でしょうか。 雨も止んでいるようで、本当によかったです!

10月15日(土) 10:45

厚手の胴長(ウェダースーツ)は、15着ボランティアティアネーバーズさんに送り他のボランティアさんにも使っていただけるようにしました。また10着は滋賀からのバスに積み込んでいます。作業が終わり次第これも寄付なのですが、来年も行くとするとどうするかですね。

10月16日(日)10:30

今日の活動場所は、昨日の水門から50メートルほど上で初めて入る場所です。雨もやんでいます。
昨日の200名近い人数から、20名余、何とうちだけになりました。ということで、全員にウェダースーツがあたります。鮭もまだまだあがってきているということです。

10月16日(日)10:50

今日は、朝からNHKの取材が入りました。岩手ローカルだそうです。
でもあとで、全国放映されました。

10月16日(日)12:00

初めて入った場所なのですごい量のヘドロがたまっていました。臭いもきついです。土嚢がいっぱいになりました。
午前中の作業は終了。さあお昼ごはんです!!

10月16日(日)13:00

前に来たときより、ポスターが増えています。 イトヨのポスターに加えサケのポスターも・・・。

ありがとうって言ってますね。 見事なコラボ♪♪
午後からもがんばりましょう。

10月16日(月)6:00

遠野の朝。田んぼの稲刈りはほとんど終わり、藁が束ねて立てられているところもあります。まだ収穫されていないものは、黄金色の稲穂がこうべをたらしています。

10月16日(月)7:00

3回目の遠野ではじめてカッパ淵へ行きました。

10月16日(月)13:30

昨日、NHKで取材された時と同じ場所で同じ作業を続けています。土のうにヘドロを入れて、一輪車に積む。
一輪車の中には重さに耐えかねてかパンクしてるものもあります。

10月16日(月)14:30

この河川敷を一輪車で運びます。ヘドロは水分たっぷりなので重いのです。皆さん、3日間の作業もそろそろ終わりです。お疲れ様でした!!お風呂夕食、それから、再び長いバスの旅ですね。

10月16日(月) 15:30

MASTも改修工事が始まっています。 町の様子も少しずつ変わっていて来月には新しい発見があるでしょう。

 


4期の画像 カムバックサーモンプロジェクト第4期 (11月11日~11月15日)   

11月11日(金) 18:00

18時、バスは大津駅を出発しました。 期間中、12日から14日までの岩手県の天気予報は概ね曇りですが気温は高そうです。(その次の日より雪マークが・・・)夏の暑い盛りに始まったカムバックサーモンのバスも、もうこんな季節になりました。
みなさん風邪に気をつけて、あまり無理をされないよう。

11月12日(土) 10:45

作業の説明中です。

今日は北海道の石狩社協から40名、滋賀の私たちと合わせて総勢60名のボランティアで作業します。

11月12日(土) 10:45

カムバックサーモン・プロジェクト、二期で歩いた堤防の道に出ると、菜の花が咲いていました。
8月には種まきした直後で土がむき出しだったのに。
菜の花プロジェクトに参加された方に見せてあげたいです。

11月12日(土) 11:15

作業場所は、源水川の水門の近くです。
大槌中学から下流へ歩いて、大槌川に川に合流する水門のすぐ上流です

冷たそうですね。今日の気温は高めとか・・・。よかった。

11月12日(土) 12:30

昼食です。
キャンプ用のストーブを持参された方がいます。準備いい!
カップ麺だけ持ってきた人にお湯を分けてくださって本当に良かったです!
ありがとうございます!


11月12日(土) 15:00

源水川の鮭が、まだがんばって泳いでいます。川の水も冷たいです。

 


11月12日(土) 15:30

大槌町のボランティアセンターに、今日一日の仕事の報告に行きます。

11月12日(土) 16:30

人工孵化場が再開していたので、驚きました。
大槌町への道には信号機が復活してました。前に8月末に来た時には、神奈川県警の方が交通整理をされていたのを覚えています。
外部者にわかるところにも少しずつ、復旧が…。

11月13日(日) 11:30

ヘドロから石や人工のモノを取り除き、土嚢に入れていきます。
今日は雨がポツポツと来ましたが、作業には影響ありませんでした。

11月13日(日) 15:30

ジョレンやスコップで集めたヘドロは、土嚢袋の半分より少し多めになったら、袋の口をしっかりくくります。大槌直伝の方法を、土嚢マスターがやっています。

11月14日(月) 10:00

今日も大槌中学の道具置き場で着替え、一輪車にジョレンを載せ、押して昨日と同じ場所へ。
あんなにドロドロに濁っていた川は、きれいに澄んで底まで見通せます。

11月14日(月) 10:00

今日は、しがNPOセンターのメンバーだけで作業します。ちょっとさびしいけど、声が聞こえやすいはず。
ケガなく、片付けまでしっかり作業しましょう。

11月14日(月) 11:15

現地のYさんが、死んだイトヨを見つけてみんなに見せてくださいました。
ちょうど休憩時間だったので、臨時の自然環境教室!
鮭の生態について質問したりしました。

11月14日(月) 14:15

午後からの作業中です。 さすがに風が冷え込んできました。土嚢が運ばれるのを待っています。
天気予報をみると、明日の最低気温は2度、明後日は-2度で 雪マークです。いよいよ厳しい冬です。

11月14日(月) 16:00

最後の作業を済ませ道具を洗って片付け、バスに乗り込むと、現地のYさんが挨拶してくださいました。
これからも、源水川の生物のために清掃を続けるそうです。 頑張ってください!
大槌川や源水川の生き物について、いろいろ教えてくださって、ありがとうございましたみなさまにもよろしくお伝え下さい。
帰り、釜石の鮭の外灯も灯りをつけ始めるでしょう。5期終了。みなさま、お疲れ様でした。

サーモンカムバックプロジェクト  [ 滋賀発!東日本大震災・被災地支援 ]

  震災発生からはや1年以上が立ちました。その被災範囲の広さと距離のため、「何かしたい」と思いながらも
 一歩を踏み出せずにい る方々が、滋賀にもたくさんいらっしゃるようです。
 そこで、そんな方々の思いを実現しようと、しがNPOセンターでは現地のボランティアコーディネータ
 ーと連携し 岩手への「ボランティアバス」を6回運行してきました。以下は1期から5期の概要です。
(6期は鮭祈願祭のイベントに参加しました。)

 ・・ボランティア活動の場所は岩手県大槌町です。活動内容は河川および河川敷の清掃、その他の作業です。
 ・大槌町災害ボランティアセンターとNPO法人グッドネーバーズ・ジャパンの『鮭プロジェクト』に協力します。
 ・全行程を通じ当センタースタッフが同行します。
 ・4泊5日の日程で、車中2泊、現地2泊、活動は3日です。宿泊先では男女別相部屋になります。
 ・活動は天候など諸事情により、場所や作業内容が変更になったり、中止・待機になる場合もあります。
 ・定員20名(先着順) 定員になり次第締め切ります。参加可否について連絡をさせていただきます。
 ・今後も12月まで月1回のペースで運行を予定しています。

 【必須要件】
 *20歳以上の男女で、健康な方
 *事前説明会(4期:10月3日(月)いずれも19時から、草津市立まちづくりセンターにて)に出席でき
  る方。どうしても都合がつかない方は別途ご相談下さい。
 *ボランティア保険(天災Bプラン)に加入していただきます。当方でまとめて手続きをしますので、保
  険料¥720をご負担下さい。既に個人で加入している方は結構です。

 【参加費】
  ¥15,000(宿泊費相当分)

 【その他】
 *行程・持ち物等については別紙ちらしをご参照のこと
 *更に詳細については説明会にてご案内します。

 【参考情報】
 ○しがNPOセンター http://shiga-npo.la.coocan.jp/
 ○(特活)グッドネーバーズ・ジャパン http://www.gnjp.org/
 ○大槌町社協災害ボランティアセンター http://kaigo.nsyakyo.or.jp/ootsuchi/
 ※滋賀からの〈カムバックサーモンプロジェクト〉については、しがNPOセンターの企画ですの
 で、現地へ直接問い合わせることはおやめください。)

カムバックサーモンプロジェクト 報告会  (1月24日)

  しがNPOセンターでは、滋賀発<カムバックサーモンプロジェクト>として、8月から月1回のペースでボランティアバス
を運行し、大槌町復興のお手伝いしてきました。
  このプロジェクトは、ボランティアに参加してくださったみなさまや参加者募集に協力してくださった各種団体、寄付を寄せ
てくださったみなさま、そして「近畿ろうきんNPOパートナーシップ制度」と「三菱商事東日本大震災復興支援助成」での
助成金などによって支えていただきました。
 現地では大槌町社協復興支援ボランティアセンター(当初:災害ボランティアセンター)、NPO法人グッドネーバーズ・ジ
ャパン、国際NGO・LIAのスタッフのみなさまにお世話になりました。

そのお礼、そしてこれからの支援を共に考える場として報告会を開催しました。

□と き  2012年1月24日 18:30~20:30
□ところ  草津市立まちづくりセンター 309号
□内 容  大槌町の復興と鮭プロジェクトについて グッドネーバーズ・ジャパン  武鑓 史恵 さん
カムバックサーモンプロジェクトの報告  しがNPOセンター 阿部 圭宏

カムバックサーモン報告会の様子

グッドネイバーズ・ジャパンの 武鑓さんのお話

      鮭祈願祭の様子→

武鑓さんのお話 (要約)
・大槌町の被災状況→震災直後ライフライン全滅。
 自衛隊、他府県からの警察・消防、中部・関西からの社協、医師・看護士、NPO・NGOがそれぞれに活動。
・鮭Pボランティアの参加者総数4119名(不確定)
・鮭Pは大槌ボラセンからの要望がありグッドネーバーズ・ジャパンと共同で開始。鮭祭りが再び開催できることが目的。
・鮭Pのメリット→目的が明確、土嚢など効果が目に見える。デメ リット→作業が過酷。
・現在寒さもありボランティア数は激減。平日は0。
・仮設住宅周辺の道路が凍結し車は危険。そこでガードレールを設置する募金活動を開始している。

武鑓さんへ参加者からの質問
Q:湧水量は震災前後で変化は?鮭の量は?イトヨの現状は?
A:量は把握してない。負債を抱え大槌漁協は破綻。出資も増えている。生態系が変わってしまったようだ。
Q:今後の計画は?
A:今は個人としてボラセンの業務支援などとして入っている。ボラセンは支援品をさばくのに必死。
  他の地域は経済的打撃が少なくて済んだところも多い。しかし大槌は全部ざっくりやられてしまった。役場・ボラセンを建て替え
  たくても土地がない。現在の土地の上に5メートルくらい盛り土する計画。これから町の人の中から声があがり、それを私たちは
  サポートしていき、最終的にはフェイドアウトしていくべきだと考えている。ボランティアに来てくれた人たちは今でも「行きた
  い!」と熱心に言っている。押しつけではなく長期的にボランティアを行っていきたい

******************************************************************

  岩手災害地レポート(6月20、21日) 下見(3名参加)のご報告です。    

6月20日(月)

 朝に花巻空港に着き、レンタカーで釜石の災害対策本部に向かいました。途中の風景です。 災害対策本部では、発災当 初から山田に入ってい
ら っしゃる滋賀県の信楽の方に出会いました。

 そこから釜石市営ビルへ移動、「リアスNPOサポートセンター」  http://rias-iwate.net/?cat=9 の方と合流し、 少し前に営 業を介開
始したばかりの「カレー 弁当」をいただきながら ミーティングを持ちました。 なんと食後のコーヒー(それもインスタン トではなく)も出
していただきました。持参のお土産(おまんじゅう) を出す機会があってよかったです。

午後からは、主な活動地として想定している大槌のボラセンを訪問、大槌川のプロジェクトのリーダー「グッドネイバーズジャ パン」
http://www.gnjp.org/ の方 と顔合わせをしました。そして今後の事業計画について打ち合わせを行いました。

6月21日 (火)

  ちょうどこの日から東北地方は梅雨入りということでした。陸前高田に立ち寄りましたが、ここは大槌や釜石と違い平地が  広く、沿岸か
ら山が遠く、高い建物も少ないし、その時にはできることがなにもなかったのかも、そこにいた人々の恐怖と絶  望はいかばかりかとぞっとす
る思いでした。そして、大雨になったらまた 水浸しになってしまうのでしょう。

  その後、陸前高田市の奥、広田町は作業が全く進んでいないという話を聞き行ってきました。広田町は半島にあり、  典型的なリア
ス式海岸で斜面が急なところ が多いです。確かに陸前高田中心部に比べると作業が遅れている感は  ありましたが、それでもわざわざ
取り上げて言うほどでもないの かなという印象でした。
  でもあとでGoogle mapの航空写真で見ると、広田町の北半分をUターンしてきただけで南部分は通らずに帰ってき  ていたこと
が分かりました。 半島として海に 出ているところの航空写真をみるとびっくりです。
  何が一番違うかというと、海岸線です。未だに材木なども含めたがれきが海岸線にびっしりとあります。この海岸の  がれきは3
ヶ月以上そのまま だということです。みなさまももしよければ、Google map で見てみてください。
  地上のがれきは、コツコツと、たとえ時間がかかっても撤去することは可能かもしれませんが、海側-水の中-に  関しては、や
はり必要なノウハウやスキル 専門の重機や設備があるのではないかと。確かに外からの支援を断り中での雇用につなげるというのも一
つの選択ではありますが、も しかすると、海側は それでは無理なのでは?と思ってしまいました。

     地図で見る">    google map 広田町表示 → 広田町は陸前高田市の南東です・・・・

 

被災地現地報告・災害ボランティア説明会  2011年4月19日

    しがNPOセンターでは、 「被災地現地報告・災害ボランティア説明会」を実施しました 
    
    とき:2011年4月19日(火)   ところ:草津市立まちづくりセンター 参加者:約50名

 

 
    はじめに黙祷を捧げました。
     募金は約4万円集まり支援金としました。

  

    プログラム

     1,主催者あいさつ     しがNPOセンター 副代表 阿部圭宏
     2,現地派遣報告
           東近江市社会福祉協議会   田中光一さん
           滋賀県社会福祉協議会    藤田健介さん
     3,災害ボランティアとは何か、被災地でのボランティア活動の心得            滋賀県社会福祉協議会    藤田健介さん
     4,NPO・NGOの動き、ネットワークの紹介
     5,意見交換
     6,募金活動

   集まった募金は、 認定特定非営利法人「市民活動センター神戸」の
   「被災地NPO応援基金」に全額寄附しました。