特定非営利活動法人 しがNPOセンター

 

  福島行きNANOHANA農業振興プロジェクト      現在の活動はしがNPOセンターの新サイトへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  2011年度のNANOHANA農業復興プロジェクトです。2012年度も秋頃にバスの派遣を予定しています。

 滋賀県内のNPO中間支援センターやNPOのネットワークで、滋賀での災害時に、互いに助け合い専門メニューを提供し合えるえるようなしくみを構築します。
 この「福島行きNANOHANA農業振興プロジェクト」は、NPO団体の菜の花ネットワークと連携して行うバス派遣の事業です。滋賀県内のNPOのアイデアによる企画で、運行しました。

 滋賀県のNPOが現地のノウハウを学ぶことで、災害時にも動けるNPOのネットワークをつくります。 
 この事業は、滋賀県の新しい公共支援事業の、県とのモデル事業として、事務局をしがNPOセンターが 担い行っています。   


  福島行 NANOHANA農業復興プロジェクト バスが帰ってきました。現地活動のダイジェスト画像はこの下。

  
   東日本大震災・被災地支援ボランティアバス         ちらしはこちら  スケジュールは画像の下にあります 
    〈農業復興プロジェクト〉for FUKUSHIMA福島 , by nanohana菜の花

 しがNPOセンターでは、菜の花プロジェクトネットワークと連携して、福島行きのボランティアバスを運行しました。

 菜の花プロジェクトネットワークは、原子力発電所事故により放射能汚染された農地での、農業復興の取り組みを始めています。食料生産にすぐには見通しが持てない農地にナタネを栽培することで「エネルギー作物生産をめざす」農業復興プログラムです。 今回は現地のNPOとも連携し、福島県須賀川市・いわき市で、菜種の播種活動ボランティアを行いました。 「被災地の復興に何かしたい」と考えておられる皆様と一緒に、これからも福島県の農業を応援したいと思います。   

               2011年9月30日(金)~10月 3日(月)             

9月30日(金) 22:00

9:00 愛東町菜の花館
9:40 彦根駅
菜の花ボランティアバスは出発しました。

 

10月1日 11:00

早速、須賀川市に表敬訪問に伺い、市長からお話を聞きました。ここ須賀川市は内陸部で地震の被害が最も大きかったそうです。 それに加え先日の台風での水害。 その状況と菜の花プロジェクトの取り組みについてうかがいました。

10月1日 12:30

地震で倒壊した家屋等のがれき集積場ですが
とても整然と積まれ細かく分別されています。

10月1日 13:00

(株)ひまわり の視察です。下水道、貯水槽給排水施設、浄化槽などの メンテナンスを行う会社が取り組んでいる環境対策の話を聞きまました。 社独自でBDF精製施設を持ち自社の車用 市のゴミ収集車へBDF燃料を供給、太陽光発電雨水利用などの取組を説明いただきました。

10月1日(土) 14:45

有機農業に取り組んでいる(株)ジェイラップから話を聴いています。農作物のデータを自ら取り続け、今後の方策を模索されています。自ら実践されている中から出てきた言葉の数々に心揺さぶられます。

10月1日(土) 15:00

そのジェイラップで毎年行われている収穫祭に合流させていただきました。 バスの行程が収穫祭の日でよかったです。 多くの方に出会えて参加者の方々もいろいろお話が聞けたのでは。滋賀からのメンバーを代表して藤井が感謝のご挨拶。

10月1日(土) 15:00

自家農場で収穫された食材でのお料理が盛りだくさん‼
そしてとってもおいしかったです。ありがとうございました‼

10月2日(日)11:30

いわき菜の花プロジェクトネットワーク始め、多くの方々と滋賀のメンバーで種蒔きします‼

準備万端です。がんば ります。

10月2日(日)11:30

準備として線蒔きのために等間隔で線を付けていきます。

10月2日(日)12:15

いよいよ種まきの開始です。線に沿って蒔いていきます。3粒を30cm間隔。

10月2日(日)12:30

ペットボトルに穴をあけ、振りながら歩いて蒔きます。

10月2日(日)13:30

蒔いた上から土をかぶせます。ほうきで均すのがいいんだそうですが、今日は隣の竹藪から竹を調達しました。

10月2日(土) 14:30

いわきの方々と一緒に記念撮影をしました。

 

ありがとうございました。