特定非営利活動法人 しがNPOセンター

           協働コーディネーター講座            現在の活動はしがNPOセンターの新サイトへ
 


  


第1回 協働コーディネーター講座


「協働とは? ~協働の原則、協働の事例」

2011年11月24日(木)     近江八幡市人権センター展示ルーム
講師       阿部 圭宏(しがNPOセンター)

<講話の要点>
・「協働とは、共通の目的の実現のためにそれぞれが自らの役割を自覚し、ともに考え、ともに汗を流して取り組んでいくこと」と定義される。
・なぜ協働が必要か。ガバメントからガバナンスへ、参加から協働へ、行財政改革の必要性から。行政だけでは市民ニーズを的確に把握できないこと、市民活動の台頭等があげられる。
・協働の相手方は誰か。協働の基本は個人ではなく「組織」 NPO・コミュニティ組織・企業・さまざまな組織が対象となりうる。個人は「参加」の概念があてられる。
・協働の原則とは。自立・自律、対等、情報公開、適切な参入機会の確保、互いの自主性を尊重、目標・プロセス・成果の共有、話し合いの場、それを確保しながら取り組みを進める。前に調査したが、県内になかなか基本原則にのっとった協働事例は存在しない。
・県内協働事業の事例紹介

<参加者の声>
・基本的なことだったので頭の中が整理できた。わかりやすく大変勉強になった。
・協働は目的ではないことがわかった。
・協働についてよく聞くが、実態や考え方を少し理解することができた。

<成果、課題、次回にむけて>
・予想を超える参加者数で,会場が狭い程だった。協働についての関心度の高さがうがえた。
・今回は初回で、協働についての基本的な理念や社会的背景などを俯瞰的に説明したので、参加者には協働の根幹を抑えてもらった。


第2回 協働コーディネーター講座
 
作業中です  
   
   


第3回 協働コーディネーター講座

 
   
   
   

第4回 協働コーディネーター講座
 
   
   
   

第5回 協働コーディネーター講座
 
   
   
   

第6回 協働コーディネーター講座