特定非営利活動法人 しがNPOセンター

 

   新しい寄付制度説明会(講座)               現在の活動はしがNPOセンターの新サイトへ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    認定NPO法人手続き・戦略ワークショップは2012年度も行います。詳しくは HP新サイトへ 


第1回 寄付税制講座

「寄付がつくる社会とは? ~NPO法・寄付税制どこが変わった?~」

2012年1月22日(日)          
Gネットーしが 
講師     早瀬 昇さん( 社会福祉法人大阪ボランティア協会)

<講話の要点> 
・NPO法の改正で認定NPO法人の認定部署が国税庁から県に変わる。NPO法の概念にのっとり、行政の関与を極力減らしている。
・認定基準が緩和された。絶対基準値が導入され、新しいパブリックサポートテスト(PST)と仮認定制度も導入。今までは総収入のうち寄付が2割以上の相対基準だけだったが、今後はそれに絶対値基準が選択肢に入り、3000円×200人の寄付者の実績が2年間で得られれば認定される。
・PST以前に、運営のための7要件のクリアが必要。なかなか要件に達していないNPOもあるのでは。
・寄付する側の寄付税制も拡充され、寄付控除が受けられるようになった。
・県と市でも独自条例で基準を指定することができる。すでに条例があるのは京都府。
・基準限度額や、役員が20万円以上の寄付をした場合、また寄付者の名前の公開など、文書を細かく読んでほしい。

<参加者の声>
・NPO関係者にも大切だが、行政側も勉強すべきであると強く感じた。
・小規模法人は、相対値基準も考える余地がある気がした。
・大変わかりやすく参考になったが、PSTも相対値基準はややこしくてよくわからない。
・官だけが公共事業を行うのではなく、寄付税制の拡充によって新しい公共が加速する可能性を感じた。
・認定は考えてなかったが、認定NPO法人の意味を考えたら、生かす方法がわがNPO法人にもあると認識した。十分に検討してみる。

<成果、課題、次回に向けて>
・参加した団体は、認定NPO法人取得の可能性や手応えを感じることができた。
・7要件は基本きっちり運営することなのだが、NPO運営の基本や本来のNPOとしての社会的意味が、他の講座とつながることを伝えないといけない。
・まだ情報の届いていないNPOにも情報を届け具体的な戦略講座につなげたい。


第2回 寄付税制講座

「認定NPO法人の仕組みと実際」

2011年2月2日(火)   草津市立まちづくりセンター    講師      実吉 威さん(認定NPO法人 市民活動センター神戸)

 

<講話の要点> 
・経験上、認定NPO法人は前後の準備を加えても取得に6か月くらいかかる。認定申請が増えてくればさらに時間がかかるだろう。認定は税法から離れNPO法に入る。所轄部署も変わる。
・所得の税制控除は、寄付者にとってのメリット。認定NPO法人には「みなし寄付」のメリットがある。NPOにとっては、収益事業の黒字の部分を非収益事業に寄付(50%か200万円の多い方)できる。
・仮認定には、PSTは不要、ただし3年のみ有効。
・登記や毎年の県への報告書の提出期限など、普段は見過ごされるが、認定のときには厳しく見られるので注意。
・自分のNPOのタイプをつかむことが必要。小規模法人と大規模法人は違う。小規模法人の特例もある。事業収入の多いところは、絶対値基準がいいかもしれない。 よく検討してほしい。

<参加者の声>
・相対値基準についてじっくり聞くことができてよかった。法令違反についてもっと聞きたかった。
・自分の団体について、相対値基準を計算してみようと思った。
・絶対値基準の100人集める方法が不安。かなりハードルが高い。
・共益的な会員構成の団体の戦略の具体的事例が知りたい。

<成果、課題、次回に向けて>
・認定NPO法人にむけて「戦略」という切り口が新鮮だった。
・戦略をたてることが組織そのものを見直すことにつながり、参加者の気づきにつながった。日常の組織運営が大事。
・NPOのみなさんが、認定に向けての具体的行動に移せるか。

第3回 寄付税制講座

「認定NPO法人になるための戦略づくり

2011年11月15日(火)  近江八幡市人権センター     講師      山口 洋典さん(立命館大学准教授)   
   

 

         
<講話の要点>  
・寄付によって組織運営を安定させたいと思ってもそれは団体の思い。つまり認定NPO法人になりたいのは団体の問題であって、寄付をする人の関心事ではない。認定NPO法人になることで、社会的にどのような価値があるのかを発信しなくては意味がない。
・団体はとして、この活動のために必要な資金はいくらで、だからこれだけ足りないと説明できるようでなければ、資金は集められない。「なぜ」欲しいのか、「何に」使うのか、「いくら」ほしいのか。
・寄付を集めるためには、コストがかかることを忘れてはならない。寄付をお願いするためにはキャンペーンが必要で、このためには組織的な取り組みを展開しなくてはならない。
・支援者をいかに獲得するか。「探す」「調べる」「伝える」「開く」ことによって、可能性を広げていく。正解がある、答えがひとつしかない取り組みではないので、一人で抱え込まずに周囲を巻き込んで開いていくことが重要。

<参加者の声>
・現状把握と行動目標について、メンバーと考えていきたい。
・組織の体制や水準の把握について、今まであまりにも見過ごしていたこと、わかっていなかったことが理解できた。
・講座を受けていて問題点がわかってきていたが、今回、その問題点がいくつかのキーワードによって掘り下げられた感じである。どのようにしていけば課題解決につながるか、少しわかった。

<成果、課題、次回に向けて>
・自団体の見直し、広報も含めて組織としての戦略 が必要だと感じる。
・新しい公共支援事業が何を目指すのか、ここまで きてやっとつかめたように感じるが、参加が少ないのが残念である。
・団体の資金配分の戦略は重要、使うときには使うというのがNPOにとってはなかなか難しい。発想転換も必要である。

第4回 寄付税制講座

ワークショップ「認定NPO法人制度を活用した寄付獲得戦略づくり」

2012年3月3日(土)
大津市市民活動センター

講師    実吉威さん(認定NPO法人市民活動センター神戸)

<講話の要点>
・あるアンケートでは「なぜ寄付したことがないのか?」の答えで「寄付してくださいと言われたことがないから」があった。
・人はどんなときに寄付したいと思うか。具体的な数字やテーマを常に念頭に置いて活動をすることが重要。

<ワーク>
・現実に持っている資源を書きだそう
・寄付者にアピールする点 これを今年の目標へ落とし込んでみよう。

<参加者の声>
・具体的な目標が描け、その道筋や他の団体の情報が得られてよかった。
・「寄付」という概念が自分の中でどんなものであったか考え直すことができ、どういうアピールをするとお金での協力が得られるのかということを身近に実感した。
・認定は高い目標だが近づきたい。夢や資源を書いていると実現できるかもしれないと思えてきた。
・寄付者、会員を募るということ、自分たちの活動の成果・目標がリンクしているということを学んだ。
・寄付は待っていても来ない。戦略はどうすればよいか。成功したケースも具体的に知りたかった。

<成果、課題>
・自分の組織の強みや夢、 ミッション、それを踏まえた上で今年1年間にできることを等考えると、受講者にとっては認定NPO法人はかなり現実味を帯びて見えてきたはずだ。
・今回で終了だが、来年度も引き続き必要な講座である。
・今年はまだみんなが制度を知らないので、認定NPO法人の解説にとどまった感がある。